エンジング(肌の老化)が起こる理由

老化現象は、どんな人にもやってくる自然の現象です。男女を問わず、それは平等にやってきて、隠すことはできません。

しわの増加や、まぶた、あご、しみやくすみなどといったものが、老化の現象のひとつですよね。 しかし、数年前から言われている「アンチ・エイジング」という言葉。皆さんはご存知でしょうか?

人々は、老化をあきらめる前に、「その原因を知り、予防に役立てよう」と原因と予防の研究を始めました。 それが、アンチ・エイジング(抗老化・抗加齢)です。 顔のエクササイズとして、よくテレビやCMなどで放送されていたりしますが、実は、このエクササイズもしわの原因になっていることもあります。

知らないということは怖いことですよね。 寝るときも、下を向いて寝ているとしわができやすくなったり、たばこによる喫煙により、しわが増えたり、お肌が硬くなってしまうといったこともあるようです。

アンチエイジングを行う前に、原因をしることで予防策(アンチエイジング)をたてましょう。

外に出るときには、特に紫外線に注意が必要です。 顔は、直接紫外線の影響をうける部分なので、ケアをするのとしないのとでは、大きな差がでてくるのです。

もし「自分が若いので、アンチエイジングなんて関係ない」と考えているのなら要注意です。紫外線はしわの原因になるため、20代の頃にきちんとUVカットをしてないと30代・40代になってしわが格段にできやすくなります。また、ニキビ跡を治すのにも紫外線は大敵ですからね。

老化の影響を促進させてしまうので、しわとりの化粧品やクリームなどでしっかりと保護ケアを行いましょう。 肌は、紫外線に5分間当たるとダメージを受けてしまうので、覚えておきましょう。 クリームの塗りなおしの時に、時間の目安として役立ちます。

ページの先頭へ