薬剤師バイト - 自分を見つめ、専門性を広げる機会として

薬剤師 バイト → 薬剤師バイトでスキルアップを考える

薬剤師バイトでスキルアップを考える

薬剤師として働くことができる現場は数多く存在します。しかし、その中でもスキルアップを求めて転職をするという意を決する場合もあるはずです。なかなか理想的な職場環境に恵まれないということは、薬剤師だけに限ったことではありません。
こんなバイト薬剤師にならないように注意しよう

自身が成長したいという思いを抱いているのであれば、スキルアップのために転職するというのも一つの選択肢です。また、はじめは薬剤師バイトとして勤務しながら、自分の可能性を模索するというのも重要です。

正規職員としての雇用に比べて、じっくりと現場に慣れつつ、自分のスキルアップを磨くことができる薬剤師バイトは、緩やかにこれからの変化を見越したい場合に最適です。現場の第一線で活躍するだけがスキルアップではありません。自分の本質を見つめ、薬剤師としての専門性をどのように伸ばすかは、多様な選択肢があるのです。

一つのところに長く居るということは素晴らしいかもしれませんが、井の中の蛙状態になってしまっては、せっかくの専門性を広くすることはできません。だからこそ、薬剤師バイトとして働き始め、あらたな風を自分の中に送り込むことによって生まれた何かを追求することが、専門性の拡大にも大きな影響を与えるのです。

料理人のように、いくつかのお店を渡り歩きながら自分らしさを確立するのと同じように、薬剤師としての資質を高めるためには、新たな刺激が必要になることもあります。同じ現場でも発展性を持たせることは可能ですが、今までとは違った一面を覗くことができる環境としては、薬剤師バイトは魅力的な環境となるのです。

仕事に対するモチベーションが低下しているのであれば、薬剤師バイトという道を視野に入れることによって、今までとは違った刺激がヤル気を呼び覚ますことになるかもしれないのです。大小問わず色々な規模の働き口がある薬剤師バイト。その中で自分を磨くことができれば、長く働く意義を見つけることができるかもしれません。

MR(医療情報担当者)とはどんな仕事?

MR(medical representative)とは、製薬企業が医療機関などに営業を行う時、商品である薬について専門的に情報を医師などに提供する役目をする人です。具体的には、製薬会社の立場として、医師や薬剤師などの医療関係者と打ち合わせをします。そして、自社製品の基本的な知識や治療に関しての資料の提供などを行います。

MRの仕事は医師や病院関係者と対等に会話ができるだけの豊富な医療知識が要求されます。この情報提供が正確に行われていないと、病気に苦しむ患者さんの治療に支障をきたすばかりではなく、間違った情報によって命の危険にさらすことにもなりかねません。

医師や医療関係者との綿密な打ち合わせと、太いパイプラインを築くことで、医療現場で得た医薬品の効果や副作用などについての情報も自社の研究開発部などにフィードバックするという重要な役割も担っています。

MRの実際の仕事内容としては、「大学病院」「総合病院」「開業医」といった医療施設ごとに担当が決められています。また、エリアもほとんど決まっており、その仕事のやり方も医療機関によってまちまちです。

たとえば、大学病院では、医師たちが忙しいため廊下での立ち話し程度の時間で情報提供をしなくてはなりませんし、開業医の場合なら、閉院後にじっくりと話をすることもできます。

製薬会社の多くは、MR認定センターが行う「MR認定試験」を受けさせます。この試験は、疾病に関するものから、薬理学、医薬概論などの知識が問われることになり、合格率は80%といわれています。この資格の有効期限は5年ですが、社内で200時間以上の研修を受ければ更新できます。

MRの資格は国家資格ではありませんが、こうした製薬業界の中では国家試験と同じくらい重要視されています。また、薬剤師の国家試験などのさまざまなハードルも越えてきているのですから、当然人手が不足しており、給料も非常に高くなっています。年収1,000万円を軽く超える人もいるそうです。

このような年収に興味を持ってMRになりたいと思う人は、まず初めは派遣で製薬企業に勤めてみましょう。紹介予定派遣などで働けば、正社員として雇ってもらえる可能性も出てきます。

薬剤師バイトはやりがいのある仕事

薬剤師バイトだからといって、仕事に対するやりがいを感じることができなければ、長続きするような魅力を感じることはできません。薬剤師は患者さんやお客さんに接する機会のある仕事です。

普段はなかなか医師には打ち明けられないことを聞くこともあるはずです。患者さんから症状が良くなったということばをかけてもらうこともあります。子どもが苦手な薬を克服できたと訴えてくることもあるのです。

薬剤師は、生活の質に関わる重要な役割を担っています。しかも、何かを患い、それを軽快もしくは治癒させるための手段として大きなポイントにもなるのです。患者さんや顧客からしてみれば、困っている時にどのようにして手を差し伸べてくれたかが、医療に対するイメージにも繋がるのです。

人としての暖かみを持ち、誠心誠意をもって対応に臨むことによって、相手から受ける恩恵というのは非常に大きく感じられます。医師の処方箋にそって薬を作っているだけでなく、患者さんや顧客の生活を上向きにするための支援を行っているというのが、薬剤師としての本質的な専門性なのです。

たとえ短時間であったとしても、人に対するひたむきな支援の念を忘れずに従事するだけでも、働いていて良かったという体験が重ねられます。忙しい場面に追われるだけでは、薬剤師としての魅力を失ってしまうこともあります。

しかし、薬剤師バイトであれば無理のないスタンスで働くことができるからこそ、ストレスを最小限に抑えながら、充実感のある仕事を実現できるのです。現場から離れている期間があったとしても、薬剤師であることには変わりません。

患者さんや顧客は専門性を活かした丁寧な支援を求めており、双方がぴったりと納まるような関係になったときこそ、仕事の楽しさが感じられるのではないでしょうか。その喜びを一度でも体験してしまうと、バイトであっても全力で仕事に励みたいという気持ちになってしまいます。それが、薬剤師バイトのやりがいでもあるのです。

CRA(臨床開発モニター)とはどんな仕事?

CRA (Clinical Research Associate)は、製薬会社の立場から治験が適正に実施されているかどうかをモニタリングする役割を担っています。

担当する医療機関を定期的に訪問しながら、治験の実施や進捗、その他の些細な事象など医師や看護師などと綿密に打ち合わせを行い、実際の現場での副作用や効能などの医療品発売許可取得にとって必要なデータを収集します。

CRAは被験者との接触はほとんどありません。そのほとんどは医師であり、医療機関側の人々です。そのため、カルテを読むこともありますし、専門用語も飛び交いますから、医学的な知識や経験が必要とされる職業です。

医学的な知識や経験が必要とされるためCRAは、薬剤師をはじめ、看護師や、MRなどの経験者がほとんどです。勤務先としては、製薬会社や製薬会社からアウトソーシングとして請け負うCRO(開発業務受託機関)が主になります。

現在このCROの市場規模は拡大し続けています。というのも、新薬の開発には莫大な開発費と年数がかかるためコストダウンのために、この治験業務を外注化するようになったからです。特に外資系の製薬会社では、自社ではCRAを雇用せず、CROから派遣してもらうケースがほとんどです。

CRAの仕事の大半は事務作業となります。ですから、事務処理能力が問われる職種ともいえます。治験を成功させるカギを握っているのはCRAだと言っても過言ではありません。そのため、CRAが治験で果たす役割は非常に大きく、その分責任重大だともいえます。

治験は医療関係者を中心にたくさんの職種の人達が関わって行われるものです。医師や治験コーディネーター(CRC)との情報交換は必須ですし、常に医療に関する知識と高いコミュニケーションスキルが求められます。看護師やMRをやっていた人もいますが、特に多いのが薬剤師の資格を持った人たちです。

治験の現場では、医療だけでなく薬学に関する知識不足が問題化しています。そのため、特に専門知識を持っている薬剤師をCRAとして求めている企業が多くなる傾向にあります。